シェーバーVS家庭用脱毛器どちらが良い?

35
家庭用脱毛器とシェーバーと同じに考えている商品も多いです。
シェーバーは、単に毛を剃るだけというのではあれば、家庭用脱毛器の中でもそのような機能しかないものも多くあります。
しかし、最近の家庭用脱毛器に関しては、剃るだけではなく、その後の発毛を抑えられるものもあります。
そういった商品は、価格も高くなっていますが、ムダ毛ケアの回数を考えると、初期費用として少し高くなってしまうのは仕方のないことです。

シェーバーは、男性向けの髭剃り同様に今ある毛を剃ってしまうことが目的になります。
ということは、定期的なシェーバーの使用の必要がありますが、男性のように毎日行う必要はないでしょう。
ここで、もし私は毎日シェーバーを使用しているという場合は、脱毛方法を考えたほうが良いでしょう。
そのような場合は、家庭用脱毛器に切り替えて、シェーバー回数を重ねるごとに、発毛抑制効果を期待したほうが良いと言えます。

脱毛をする時に、痛いのがイヤ方も多いです。
シェーバーでツルツルと脱毛ができるだけなら、痛みがないのですが、ケアが大変。
熱線やレーザーで脱毛する家庭用脱毛器は、脱毛の時に痛みがある。
この痛みの観点で、肌の感じ方や意識が変わってきます。
また、もともと合う合わないの差もあります。

シェーバーは、簡単な脱毛方法、痛くもないし、ケアの回数もストレスにならない。
とにかく肌がキレイになると思っている方は、そのままの使用で良いでしょう。
ただ、このシェーバーや家庭用脱毛器は毎年のように新製品が出ます。
もちろん性能がアップしているものがほとんどですから、新しいものが欲しいと思ってしまう方も多いようですが、これだけは買うタイミングを見てみてください。

家庭用脱毛器、シェーバーどちらが良いと言うのは、一概には言えないです。
価格的にも性能も目的も多種多様ですから、今欲しい機能が付いているもの、コストパフォーマンスなどを考慮して、検討してみてください。

毛深い方の脱毛は、エステがおすすめ

33
カミソリ脱毛は、永遠に毛が生えなくなるのではありません。
早い方では、すぐにぼつぼつと毛が目立ってきます。
その都度、剃らなくてはならないのですが、保湿を完璧に行うことで、問題は少ないと言えます。
ただ、毛深い方、ツルツルの肌が良いという方は、2日に一度は剃っている方も少なくありません。
慣れてしまえば良いという考えもありですが、この頻度は少しスパンが短いような気がします。

カミソリ脱毛は、慣れれば簡単なのですが、回数がかさむと面倒になります。
面倒になると、一回一回の脱毛が雑になってしまったりすることも考えられます。
それが杞憂されることになり、雑な脱毛を続けていると、当然肌を傷める原因になってしまうとされています。
そこで、現在カミソリ脱毛をしている方で、一週間に何度も脱毛をしなければならない方については、エステなどの脱毛をお勧めします。

毛深い方の場合、何もしないでも平気な方については良いのですが、頻繁にカミソリを肌に充てることは良いことではないとされています。
いくら保湿をしていると言っても、肌にはマイナスです。
しかし、光脱毛などのエステの脱毛施術の多くは、その後の脱毛行為を極端に減らすことができます。
全く毛が生えてこないというのではなく、生えてきてもケア回数が少なくなっていくとされています。

全くケアをしないのではあれば考える方も多いですが、少なくとも現在行っている脱毛ケアの回数以下になり、肌そのものに大きな負担をかけないことになります。
脱毛行為の煩わしさをなくすというだけではなく、肌にも良いとされています。
現在、エステ施術による脱毛を行っている方はとても多く、特別なことではなく、とても身近な行為として、多くの綺麗肌が誕生しています。

ある方は、以前は2日に一回の脱毛が、一ヶ月に一回あるかどうかになったと言うかたもいらっしゃいます。
それだけ、発毛しないということのようですが、このような事実を耳にすると、興味が出てくると思いませんか?

カミソリ脱毛とシェービングクリーム

エステなどの脱毛で、ジェルを使用する場合があります。
ぬっぺりとした感じで、その上から特殊な光を当てて脱毛ができるものも多いですが、カミソリの時には、必ずシェービングクリームを使用してください。
ジェルは、いかにも肌の保湿ができそうなものですが、その上からカミソリを使用すると、力が入ることがわかります。
カミソリ脱毛の時に肌の上にシェービングクリームを塗るのは、すべてを良くするためです。

肌の保護のためのものでありますが、刃の動きをスムーズにできなければ、肌の保護もできない話になります。
ジェルを塗るのなら、脱毛後に行うのがベターですが、シェービング用のものであれば問題ありません。
どのようなシェービング用物を使用するかは、本人の肌や刃の滑り具合を確認しながら行ってみてください。

シェービングクリームのなかには、ミント系のものも多く肌がスースーするものもあります。
これも使用感によるものですが、そのスースーはカミソリ脱毛後の肌にとっては、反対に余計な成分であることが多いです。
気持ちは良いのですが、スースーしてしまう薬剤を入れているということであれば、逆効果です。
男性向けのシェービングクリームではよくありますが、それが入っているから良い製品ということではないようです。

シェービングクリームの類は、カミソリ脱毛後の敏感な肌にとっては、無添加が理想とされています。
そうでなくても、カミソリの刃の刺激を受けることになりますから、何も入っていない自然素材のものを使用することで、少しでも肌負担を小さくしたほうが良いのではないかと思われます。
現在、スースーしたシェービングクリームを使用しているという方は、このあたりを考えてみてください。

そして無添加だったり、肌に良い美容成分が配合しているものなどを使用してみて、使用感を再確認してみてください。
使い心地に差が出るだけではなく、肌も変わってくるのではないかと思われます。

32

シェーバーとカミソリ脱毛で完璧?

男性の髭剃りなどで、○枚刃を使用というものが存在しています。
刃の枚数が多いほど、剃り残しがないということのようですが、実はメリットはそれだけではありません。
もともと、刃で毛を剃ることは、肌に直接負担をかけるとされる脱毛方法です。
数枚刃あるシェーバーは、刃が多いので、肌負担を分散させることができると言われています。
また、細かな毛もキレイに剃ることができるとされています。
ということは、少なくとも、カミソリで脱毛をするよりは、シェーバーを使用すると良い事になります。
カミソリは肌に直接当てることになり、肌の一部も剃ってしまいます。
それはそれで古い角質も取れる事になりますが、シェーバーでは欲しい毛だけを剃ることができる方法です。

カミソリとシェーバーはあまり変わらないとされている脱毛ですが、肌負担を考えると、シェーバーの方が良い事になります。
それも女性用でも増えてきている○枚刃のものは、肌負担も少なく、細かな毛も剃ることができます。
普段でも、少し毛が気になった時に、シェーバーがひとつあると便利かもしれません。

ただし、このシェーバーは、毛トラブルが多いとされています。
それが、キレイに剃れていたと思っても、実は剃り残しが多いということです。
少しだけ残ってしまった毛は、そのまま埋没毛(毛穴の中で丸く毛が生えてしまう)になってしまうことで、それを自分で処理することなかなかできないとされています。
結局は、機械ですーっと剃ってしまうことで、解決してしまうと思っても、その後確認をして、そこで結局カミソリを使用しなければならないことになることも多いです。

それでも、シェーバーは便利で、カミソリ脱毛と併用することで、自宅脱毛を考えるのも良いことでしょう。
価格的にも安いものが多いことから、簡単なシェーバーはひとつあると便利です。
自分は、自宅でカミソリ脱毛をとお考えの方は、シェーバーも持つことをお勧めします。
34